コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急患のたらい回し

1件 の用語解説(急患のたらい回しの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

急患のたらい回し

東京消防庁によると、救急車が搬送先を決めるまでに30分以上かかったか、受け入れまでに5カ所以上要請したのは、昨年4〜12月で計2万7678件。搬送総数の6%にあたる。総務省消防庁の統計でも、覚知から医療機関収容までは06年で平均29・8分。96年の24・4分から大幅に延びた。厚生労働省は搬送先探しが困難になっている理由として、傷病が医師の専門外▽手術・処置中▽満床▽医師不在などを挙げている。

(2008-02-15 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

急患のたらい回しの関連キーワード救急車消防庁救急病院FRIPA連携救急のコンビニ化と院内暴力救急医療の崩壊救急車の出動を巡る動き奈良・妊婦搬送中死産問題しろ[白]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone