コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急速濾過と緩速濾過

1件 の用語解説(急速濾過と緩速濾過の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

急速濾過と緩速濾過

水道水供給のための浄水烹急速濾過)は原水の中の濁りや溶けている物質を薬品で凝縮、沈殿させ、最後に粗い砂で濾過する。高度成長期、汚濁が進んだ大量の水を処理するのに普及した。厚労省によると国内浄水量の77%を占める。緩速濾過は貯水池の底に砂を敷き詰め、水を通過させる。砂中の微生物などが浄化するため、薬品に反応しない物質も取り除けるという。大量の水の処理には向かないとされたこともあり、浄水量のシェアは4%にとどまるが、処理速度を上げる研究が進んでいる。

(2006-10-20 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone