コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性とう しょうとうXing-tao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

性とう
しょうとう
Xing-tao

[生]万暦39(1611).2.3. 泉州,晋江
[没]貞享1(1684).1.20. 京都
中国,明の黄檗宗の僧。慧明国師。姓は呉氏。字は木庵。明暦1 (1655) 年即非とともに師の隠元隆 琦に従って来朝隠元のあとをうけて宇治黄檗山第2世法主となり,寛文 10 (70) 年には江戸瑞聖寺の開山となったほか十余寺を創建,近世の禅林に大きな影響を与えた。書をよくし,隠元,即非と並んで黄檗の三筆と呼ばれ,江戸時代唐様の隆盛に貢献,さらに絵画にもすぐれた。主作品『布袋蘭竹水仙菊図』 (64,三幅対万福寺) 。著書に『広録』『語録』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

性とうの関連キーワードアワルア鉱(データノート)トランスペアレンシーショーン コネリー茨城県笠間市手越ファーマコライト黄檗清規慧明国師可撓性黄檗宗滋賀石黒銅鉱呉氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android