コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性とう しょうとうXing-tao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

性とう
しょうとう
Xing-tao

[生]万暦39(1611).2.3. 泉州,晋江
[没]貞享1(1684).1.20. 京都
中国,明の黄檗宗の僧。慧明国師。姓は呉氏。字は木庵。明暦1 (1655) 年即非とともに師の隠元隆 琦に従って来朝。隠元のあとをうけて宇治黄檗山第2世法主となり,寛文 10 (70) 年には江戸瑞聖寺の開山となったほか十余寺を創建,近世の禅林に大きな影響を与えた。書をよくし,隠元,即非と並んで黄檗の三筆と呼ばれ,江戸時代唐様の隆盛に貢献,さらに絵画にもすぐれた。主作品『布袋蘭竹水仙菊図』 (64,三幅対万福寺) 。著書に『広録』『語録』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

性とうの関連キーワード天文学史(年表)慶長の大地震カルル9世後陽成天皇由良国繁ケプラーグスタブ[2世]後水尾天皇ジェズアルドフレッチャー(John Fletcher、劇作家)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

性とうの関連情報