コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怨讐・怨讎(読み)えんしゅう

大辞林 第三版の解説

えんしゅう【怨讐・怨讎】

恨んでかたきとすること。恨みのある敵。おんしゅう。

おんしゅう【怨讐・怨讎】

恨み、かたきとすること。えんしゅう。 「父子・兄弟-を結び/太平記 27

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる