コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐れる・畏れる・怖れる・懼れる・惧れる おそれる

大辞林 第三版の解説

おそれる【恐れる・畏れる・怖れる・懼れる・惧れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 おそ・る
危害が及ぶことを心配してびくびくする。危害を及ぼすような人や物と接することを避けたがる。こわがる。 《恐・怖・懼》 「野獣は火を-・れる」 「相手が去年の優勝チームだからといって-・れるな」 「報復を-・れる」 「残りの船は風に-・るるか/平家 11
良くないことが起きることを予想し、そうならなければよいが、と思う。危惧きぐする。 《恐・懼》 「失敗を-・れていては進歩は望めない」 「資料の散逸を-・れる」
神仏などを、人為の及ばないものとして敬い、身をつつしむ。 《恐・畏》 「神をも-・れぬ不逞ふていの輩やから
閉口する。恐れ入る。 《恐》 「飲六さんの悪ふざけには-・れるねへ/滑稽本・浮世風呂 2」 〔上代は上二段か四段か不明だが、平安初期は上二段活用が多い。平安中期に下二段にも活用するようになり、中世以降は下二段活用のみとなった〕
[表記] おそれる(恐・畏)
「恐れる」は“恐ろしいと思う。心配する”の意。「怖れる」「懼れる」とも書く。「死を恐れる」「報復を恐れる」「失敗を恐れる」「資料の散逸を恐れる」  「畏れる」は“能力の及ばないものをおそれ敬う”の意。「恐れる」とも書く。「神をも畏れぬ振る舞い」「後生畏るべし」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android