コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒助法親王(1) こうじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒助法親王(1) こうじょほうしんのう

1288-1310 鎌倉時代,後深草天皇の第7皇子。
正応(しょうおう)元年生まれ。母は藤原茂通の娘,別当典侍。正安(しょうあん)2年に出家。嘉元(かげん)4年大僧正浄雅(じょうが)に大法職位をうける。円満院門跡(もんぜき)をつぎ,園城寺(おんじょうじ)長吏,四天王寺別当などを歴任。延慶(えんきょう)3年7月24日死去。23歳。円満院宮,後金竜寺宮と称した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

恒助法親王(1)の関連キーワード後深草天皇

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android