コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒川宕谷

1件 の用語解説(恒川宕谷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

恒川宕谷

幕末・明治の書家。通称を敬一郎。幼時柳沢維賢に手ほどきを受け、のち京都清水寺の維明和尚に学ぶ。その間古碑帖を臨纂して一家を成す名古屋に書塾を開き、子鶯谷、孫樵谷共にその家業を継承して中京書壇に大をなした。明治40年(1907)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒川宕谷の関連キーワード市河得庵千原夕田大雅堂清亮遠山蘆山宮原易安浅野敬一郎小西有実樋口逸斎古庄敬一郎柳沢光邦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone