コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恨む・怨む・憾む うらむ

1件 の用語解説(恨む・怨む・憾むの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

うらむ【恨む・怨む・憾む】

( 動五[四] )
人から不利益を受けた、としてその人に対する不満や不快感を心に抱き続ける。 「招待されなかったのを-・んでいた」
(「憾む」とも書く)思い通り、あるいは理想通りにならないことを残念に思う。 「自らの不勉強を-・む」
不満や嘆きを人に訴える。うらみ言を言う。 「松島は笑ふが如く、象潟は-・むがごとし/奥の細道」
復讐ふくしゆうする。うらみを晴らす。 「一太刀-・む」
( 動上二 )
に同じ。 「褻るる身を-・むるよりは松島のあまの衣にたちやかへまし/源氏 夕霧」 「あはれといふ人もあらば、それをも-・みむ/大鏡 伊尹」 「世ヲ-・ムル/日葡」 〔古くは上二段活用。近世以降四段化したが、まれに上一段に活用した例も見られる。なお、上代には上一段活用であったとする説もある〕 → うらみる
[可能] うらめる
[表記] うらむ(恨・怨・憾
「恨む・怨む」は“人に対して不満や怒りをもつ”の意。「犯人を恨む」「人に恨まれるようなことはするな」  「憾む」は“残念に思う”の意。「恨む」とも書く。「不用意な一球が憾まれる」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone