コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩田杢 おんだもく

大辞林 第三版の解説

おんだもく【恩田杢】

1717~1762) 信濃国松代藩の家老。実名は民親。藩主真田幸弘に登用され財政改革にあたった。 → 日暮硯ひぐらしすずり

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恩田杢の関連キーワードボルテールピョートル3世ルソー(Jean-Jacques Rousseau)備後国恩田木工恩田木工恩田木工中島三甫右衛門(初代)河東節シェーンブルン宮殿と庭園群

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone