コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩給と共済年金

1件 の用語解説(恩給と共済年金の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

恩給と共済年金

公務員の老後保障は、かつて全額税負担の恩給制度で行われていたが、59〜62年にかけて保険料を財源とする現行の共済年金に切り替えられた。しかし、共済年金の発足前に働いていた期間分の年金は恩給に準じた扱いとされ、全額税金の「追加費用」で支払われ続けてきた。共済年金の受給者320万人のうち、恩給期間のある人は215万人とされる。04年度の追加費用は1兆7383億円。金額のピークは過ぎているが、投入が終わるのは60年度ごろで、累計額は約20兆円と見積もられている。

(2006-04-13 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恩給と共済年金の関連キーワード一般職教育公務員特例法公務員租税負担率官舎公務国家公務員倫理法特別公務員老後保障公務員の身分保障

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone