コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恭堂敬彦

美術人名辞典の解説

恭堂敬彦

江戸後期の天台宗の僧。法明院七世。近江大津生。字は実幢。久保田宗久・松山節亭に従学し、心源流純称のもとで出家。園城寺敬長に師事し同時法明院を嗣ぐ。万延元年(1860)寂、54才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android