恰好・格好(読み)かっこう

大辞林 第三版の解説

かっこう【恰好・格好】

( 名 )
外から見た形。外見。姿。 「変な-の帽子」 「歩く-がおもしろい」 「 -を気にする」
体裁ていさい。世間体。みば。 「 -が悪い」 「 -のいいことを言う」
(用言の連体形に付いて)そうした状態。ありさま。 「会議は中断された-になっている」
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ちょうどよいこと。適当であること。また、そのさま。手頃。 「 -な値段」 「オフィスに-な部屋」 「だから一方には自分の勢力が示したくつて、しかもそんなに人に害を与へたくないと云ふ場合には、からかふのが一番御-である/吾輩は猫である 漱石
( 接尾 )
年齢が大体そのくらいであること、ちょうどその年齢くらいであることを示す。 「四〇-の男」 〔「恰」はまさに・ちょうど、「好」はよい意。ちょうどよいというところから、形・体裁の意に転じたもの。「格好」は当て字〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android