コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵果阿闍梨 けいか あじゃり

美術人名辞典の解説

恵果阿闍梨

真言宗付法第七祖。中国唐代、京兆照応生。初め大照禅師に投じ、のち不空三蔵(真言宗付法第六祖)の教えを受け、伝法大阿闍梨となる。不空示寂後は、六大弟子の随一として後学を誘引し、唐皇室三朝の国師として門人が多い。空海が入唐し長安に至ったとき大いに喜び、青龍寺に於て密教大法を伝授する。永貞元年(805)寂、60才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

恵果阿闍梨の関連キーワード李真

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android