恵比須・恵比寿・夷・戎・蛭子(読み)えびす

大辞林 第三版の解説

えびす【恵比須・恵比寿・夷・戎・蛭子】

七福神の一。商売繁盛・福の神として広く信仰される、兵庫県西宮神社の祭神。蛭子ひることも、事代主ことしろぬしの神ともいわれる。古くは豊漁の神として漁民に信仰され、また農神としても信仰された。狩衣かりぎぬ・風折り烏帽子えぼし姿で右手に釣り竿、左手に鯛たいを抱えた神像に描かれる。夷えびす三郎。 〔「えびす(戎・夷)」と同源の語。一般に「恵比須」と書くことが多く、この場合の歴史的仮名遣いは「ゑびす」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android