コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵比須・恵比寿・夷・戎・蛭子 えびす

大辞林 第三版の解説

えびす【恵比須・恵比寿・夷・戎・蛭子】

七福神の一。商売繁盛・福の神として広く信仰される、兵庫県西宮神社の祭神。蛭子ひることも、事代主ことしろぬしの神ともいわれる。古くは豊漁の神として漁民に信仰され、また農神としても信仰された。狩衣かりぎぬ・風折り烏帽子えぼし姿で右手に釣り竿、左手に鯛たいを抱えた神像に描かれる。夷えびす三郎。 〔「えびす(戎・夷)」と同源の語。一般に「恵比須」と書くことが多く、この場合の歴史的仮名遣いは「ゑびす」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恵比須・恵比寿・夷・戎・蛭子の関連キーワード仮名遣い

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android