コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悔やむ・悔む くやむ

大辞林 第三版の解説

くやむ【悔やむ・悔む】

( 動五[四] )
失敗したり、うまくゆかなかったりしたことについて、別の処理をしておけばよかった、とあとになって残念に思う。くやしく思う。後悔する。 「あとから-・んでも仕方がない」
人の死を惜しんで悲しむ。悼む。 「友の死を-・む」 〔「悔やむ」はある行為の結果、好ましくない事態となった場合に、はじめの行為をしなければよかったと思う意で用いる。それに対して「悔いる」は悪いと知りつつ悪事をしたのを、あとになって反省する意となる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

悔やむ・悔むの関連キーワード行為悪事

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android