悚然・竦然(読み)しょうぜん

大辞林 第三版の解説

しょうぜん【悚然・竦然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
恐れて立ちすくむさま。こわがるさま。慄然りつぜん。 「 -として戦慄せんりつするの外なし/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ぜん【悚然・竦然】

〘形動タリ〙 恐れてびくびくするさま。こわがるさま。
※読本・忠臣水滸伝(1799‐1801)前「勘平おぼへず毛髪たちて竦然(ショウゼン)たり」 〔後漢書‐黄憲伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android