悠玄亭 玉介(読み)ユウゲンテイ タマスケ

20世紀日本人名事典の解説

悠玄亭 玉介
ユウゲンテイ タマスケ

昭和・平成期の幇間



生年
明治40(1907)年5月11日

没年
平成6(1994)年5月4日

出生地
東京・浅草三筋町

本名
直井 厳

別名
前名=桜川 玉介

経歴
酒屋の長男に生まれるが、生来の芸事好きが高じて、大正末期歌舞伎声色・三好家松好で芸能界に入る。昭和2年桂小文治師に入門、桂小祐を名乗り初高座、4年三升家勝好を名乗り二ツ目に。10年浅草旧見より桜川玉七師の家から桜川玉介として幇間人生に入る。戦後西銀座に料亭「悠玄」を出して悠玄亭玉介を名乗る。NHK「話の泉」「とんち教室」などにゲスト出演した。55年寿プロダクションを設立。平成元年には幇間芸を「お座敷あそび」のタイトルでビデオ化した。著書に「たいこもち玉介一代」がある。桜川善平と並んで現在の花柳界に残る幇間芸継承者のひとりだった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

悠玄亭 玉介
ユウゲンテイ タマスケ


職業
幇間

本名
直井 厳

別名
前名=桜川 玉介

生年月日
明治40年 5月11日

出生地
東京・浅草三筋町

経歴
酒屋の長男に生まれるが、生来の芸事好きが高じて、大正末期歌舞伎声色・三好家松好で芸能界に入る。昭和2年桂小文治師に入門、桂小祐を名乗り初高座、4年三升家勝好を名乗り二ツ目に。10年浅草旧見より桜川玉七師の家から桜川玉介として幇間人生に入る。戦後西銀座に料亭「悠玄」を出して悠玄亭玉介を名乗る。NHK「話の泉」「とんち教室」などにゲスト出演した。55年寿プロダクションを設立。平成元年には幇間芸を「お座敷あそび」のタイトルでビデオ化した。著書に「たいこもち玉介一代」がある。桜川善平と並んで現在の花柳界に残る幇間芸継承者のひとりだった。

所属団体
東京演芸協会(理事)

没年月日
平成6年 5月4日 (1994年)

伝記
いつもお祭り気分―幇間の世界たいこもち玉介一代 筏丸 けいこ 著,田巻 照敏 写真悠玄亭 玉介 著(発行元 亜紀書房草思社 ’87’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android