コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲劇の女神としてのシドンズ夫人

1件 の用語解説(悲劇の女神としてのシドンズ夫人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

悲劇の女神としてのシドンズ夫人

イギリスの画家ジョシュア・レノルズの絵画(1789)。原題《Mrs. Siddons as the Tragic Muse》。18世紀を代表する悲劇役者サラ・シドンズが悲劇の女神を演じた姿を描いた作品。ロンドン、ダリッジ美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悲劇の女神としてのシドンズ夫人の関連キーワードドーバー城レイノルズグレタ橋コフェチュア王と乞食娘主教館の庭から見たソールズベリ大聖堂奴隷船難破船ブルー・ボーイ魔法にかけられるマーリン世の光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone