情報検索応用能力試験(読み)じょうほうけんさくおうようのうりょくしけん(英語表記)Examination of Applied Knowledge and Skills for Database Searching

図書館情報学用語辞典の解説

情報検索応用能力試験

情報科学技術協会が毎年実施している,商用オンラインデータベースを中心とした情報検索技能に関する専門的技能と資質を認定するための試験.サーチャー試験と呼ばれる.1995年から2002年には「データベース検索技術者認定試験」として実施され,1989年から2000年には科学技術庁の認定を受けた.一般者を対象とした基礎能力試験も実施している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android