コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報環境 じょうほうかんきょう

大辞林 第三版の解説

じょうほうかんきょう【情報環境】

情報の創造・処理加工・伝達・蓄積を行う過程で、それを実現するための情報メディア・ソフトウエア・データ-ベースなどを利用できる状態。また、マルチメディアの利用を前提にした、コンピューターをめぐる諸条件の整備の程度をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

情報環境の関連キーワードニコライ(Carsten Nicolai)専門学校東京テクニカルカレッジユビキタスコンピューティングコンピュータリテラシーホンダ・インターナビユニバーサルデザイン総合的な学習の時間ファインダビリティ青少年保護育成条例エージェント機能コンピュータージャーナリスト図書館利用教育東京電機大学学習指導要領アクセス解析ユビキタスホルツァー人民日報教育工学

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情報環境の関連情報