コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報通信基盤整備(光ファイバー敷設)事業

1件 の用語解説(情報通信基盤整備(光ファイバー敷設)事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

情報通信基盤整備(光ファイバー敷設)事業

公共施設を結ぶ地域イントラネット基盤施設の一部を活用した事業。(1)TVの地上デジタル放送(2)インターネット(3)音声告知端末(行政情報)の三つからなる。上野原市市街地を除く、周辺地域を対象にした1、2期工事は昨年10月に運用を開始。市街地の3期工事は今月中に完了し、09年度に段階的に運用を始める。事業費は約14億円。一般財源合併特例債を充てる。施設の保守料や、ケーブル敷設の電柱使用料(1本あたり年千~1200円)も負担する。

(2009-02-13 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報通信基盤整備(光ファイバー敷設)事業の関連キーワード顧客エクストラネットインフラストラクチャーコミュニティーバス公共施設施設イントラネットポータルイントラブログヘリサインネクストロバート公共施設の禁煙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone