コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報通信研究機構(NICT)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

情報通信研究機構(NICT)

日本標準時と標準周波数を決めている総務省所管の独立行政法人。旧通信総合研究所と旧通信・放送機構が統合して2004年に設立された。小金井市にある本部にはセシウム原子時計が18台あり、その平均値を世界標準時とあわせ、日本標準時を決定。放送局やNTTの時報のほか、福島県と佐賀・福岡県境にある2カ所の電波送信所を通じて電波時計などにも活用されている。

(2012-06-19 朝日新聞 朝刊 むさしの 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

情報通信研究機構(NICT)の関連キーワードサイバー攻撃対策総合研究センターおおたかどや山標準電波送信所はがね山標準電波送信所ドローン(無人飛行体)鹿島宇宙技術センター国立研究開発法人情報通信研究機構全球降水観測計画DISAANA南極地域観測隊研究開発法人宇宙天気予報Wi太陽フレア光ルーター光格子時計WiSUNうるう秒JGN2栁田敏雄

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情報通信研究機構(NICT)の関連情報