コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報通信研究機構(NICT)

1件 の用語解説(情報通信研究機構(NICT)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

情報通信研究機構(NICT)

日本標準時と標準周波数を決めている総務省所管の独立行政法人。旧通信総合研究所と旧通信・放送機構が統合して2004年に設立された。小金井市にある本部にはセシウム原子時計が18台あり、その平均値を世界標準時とあわせ、日本標準時を決定。放送局やNTTの時報のほか、福島県と佐賀・福岡県境にある2カ所の電波送信所を通じて電波時計などにも活用されている。

(2012-06-19 朝日新聞 朝刊 むさしの 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情報通信研究機構(NICT)の関連情報