コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報通信研究機構(NICT)

1件 の用語解説(情報通信研究機構(NICT)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

情報通信研究機構(NICT)

日本標準時と標準周波数を決めている総務省所管の独立行政法人。旧通信総合研究所と旧通信・放送機構が統合して2004年に設立された。小金井市にある本部にはセシウム原子時計が18台あり、その平均値を世界標準時とあわせ、日本標準時を決定。放送局やNTTの時報のほか、福島県と佐賀・福岡県境にある2カ所の電波送信所を通じて電波時計などにも活用されている。

(2012-06-19 朝日新聞 朝刊 むさしの 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報通信研究機構(NICT)の関連キーワードグリニッジ標準時中央標準時アラスカ標準時山岳標準時西部欧州標準時大西洋標準時太平洋標準時中部標準時東部標準時ハワイ標準時

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情報通信研究機構(NICT)の関連情報