コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惚ける・呆ける ほける

大辞林 第三版の解説

ほける【惚ける・呆ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 ほ・く
〔「ほげる」とも〕
知覚が衰える。ぼける。 「ちよつと-・けたような表情をしたあとから/老妓抄 かの子」 「月頃に-・けにたらむ身の有様/源氏
夢中になる。ほうける。 「遊びに-・けて忘れていたのが/多情仏心
古くなって色があせたり、けば立ってくる。 「畳が-・けて/野分 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

惚ける・呆けるの関連キーワード多情仏心野分

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android