コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惺斎

美術人名辞典の解説

惺斎

茶道表千家十二世。十一世碌々斎の長男。幼名与太郎、名は宗員のち宗佐。号は惺斎・敬翁。明治三九年に失火焼失した不審庵再興、松風楼を増築した。好みの茶道具は歴代中最多で、十職以外の工芸家や各地方の国焼の育成にも尽力する。昭和12年(1937)歿、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

惺斎の関連キーワード千宗左(12代)吉田 堯文千 宗左植木挙因深田九皐藤原惺窩河鍋暁斎金台錫即中斎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

惺斎の関連情報