コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚連堂凹

美術人名辞典の解説

愚連堂凹

通称斎藤小太郎。筑前福岡藩士。朱楽菅江に学びて判者に列し天保の初め福岡に帰り同年同地に歿すと云う。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android