コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚連堂凹

1件 の用語解説(愚連堂凹の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

愚連堂凹

通称斎藤小太郎。筑前福岡藩士。朱楽菅江に学びて判者に列し天保の初め福岡に帰り同年同地に歿すと云う。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愚連堂凹の関連キーワード朱楽漢江伊藤小太夫(初代)許斐遯斎質亭文斗田毎月丸土屋宗俊籬菊丸山中多都岐楊柳亭五元

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone