愛媛県今治市(読み)いまばり〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕今治〈市〉(いまばり〈し〉)


愛媛県北部、高縄(たかなわ)半島東部と芸予(げいよ)諸島南部の島々からなる市。
瀬戸内海を挟み広島県に相対する。2005年(平成17)、旧・今治市と越智(おち)郡の11の町村(朝倉村、玉川町、波方町、大西町、菊間町、吉海町、宮窪町、伯方町、上浦町、大三島町、関前村)が合併して現在の姿となる。本州四国連絡橋の尾道~今治ルートが通じ、四国本土と芸予諸島の大三島・大島・伯方島を結ぶ。陸地部にはJR予讃線が走る。古くから伊予国(いよのくに)(愛媛県)の中心地で国府・国分寺がおかれた。中心部の旧・今治市には近世初頭に藤堂高虎(とうどうたかとら)が今治城を築城し、城下町として繁栄。江戸時代中期に木綿業が起こり、日本有数のタオル産地に発展。来島(くるしま)海峡に浮かぶ来島は、中世には来島水軍を率いた村上氏の本拠地。伝統的に海運業が盛んで、造船関連の工場が多く操業する。島嶼部ではミカン・イヨカンなどの柑橘(かんきつ)類の栽培が盛ん。沿岸漁業やタイ・クルマエビなどの養殖漁業、畜産も行われる。高縄半島北部では稲作や近郊農業が盛ん。地場産業に、菊間の瓦製造・伯方の製塩業・大島の花崗岩(大島石)採掘と石材業がある。
大三島にある大山祇(おおやまづみ)神社は伊予国一宮で、武具・甲冑など国宝を含む多くの文化財を所蔵する。伊予国奈良原山経塚(いよのくにならはらやまきょうづか)の出土品は国宝に指定。市内には四国八十八ヶ所霊場の第54~59番までの札所がある。芸予諸島の島々や高縄半島沿岸部は瀬戸内海国立公園に属し、笠松山・伯方島の宝股山(ほこさん)・生名(いきな)島の立石山などからの眺望がすばらしいほか、小島(おしま)の芸予要塞跡、国指定史跡の能島(のしま)城跡などの史跡もある。玉川町には鈍川(にぶかわ)温泉が湧き、国指定名勝の千疋(せんびき)のサクラがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛媛県今治市の関連情報