愛媛県八幡浜市(読み)やわたはま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕八幡浜〈市〉(やわたはま〈し〉)


愛媛県南西部の市。
佐田岬(さだみさき)半島の基部に位置し、北部で伊予(いよ)灘、南部で宇和(うわ)海に面する。2005年(平成17)、旧・八幡浜市と西宇和(にしうわ)郡の保内町が合併して現在の姿となる。江戸時代に絹綿交織布の五反田縞産地となる。幕末に大坂・長崎との航路が開かれ廻船で栄える。伝統産業の織物・縫製業が盛ん。八幡浜港はトロール船の漁業基地で、かまぼこ・ちくわなど水産加工業が活発。温州ミカンが特産。ミカン缶詰などの食品加工・製紙・造船の工場が操業。保安(ほあん)寺の木造阿弥陀如来及両脇侍坐像は国指定の重要文化財。宮内(みやうち)川上流域は平家落人(おちゅうど)伝説とそうめん流しが有名。平家谷レクリエーション広場に40台のそうめん流し場が設置されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛媛県八幡浜市の関連情報