コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛媛県八幡浜市 やわたはま〈し〉

1件 の用語解説(愛媛県八幡浜市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕八幡浜〈市〉(やわたはま〈し〉)


愛媛県南西部の市。
佐田岬(さだみさき)半島の基部に位置し、北部で伊予(いよ)灘、南部で宇和(うわ)海に面する。2005年(平成17)、旧・八幡浜市と西宇和(にしうわ)郡の保内町が合併して現在の姿となる。江戸時代に絹綿交織布の五反田縞産地となる。幕末に大坂・長崎との航路が開かれ廻船で栄える。伝統産業の織物・縫製業が盛ん。八幡浜港はトロール船の漁業基地で、かまぼこ・ちくわなど水産加工業が活発。温州ミカンが特産。ミカン缶詰などの食品加工・製紙・造船の工場が操業。保安(ほあん)寺の木造阿弥陀如来及両脇侍坐像は国指定の重要文化財。宮内(みやうち)川上流域は平家落人(おちゅうど)伝説とそうめん流しが有名。平家谷レクリエーション広場に40台のそうめん流し場が設置されている。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛媛県八幡浜市の関連情報