コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛媛県南宇和郡愛南町 あいなん〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕愛南〈町〉(あいなん〈ちょう〉)


愛媛県最南端にある町。西は内海(うちうみ)湾、南は宿毛(すくも)湾に面し、高知県宿毛市と接する。南宇和(みなみうわ)郡
2004年(平成16)、南宇和郡の内海村、御荘町、城辺町、一本松町、西海町が合併して成立。稲作や畜産、アマナツミカンなどの柑橘(かんきつ)類の栽培が盛ん。県の真珠養殖発祥の地。真珠のほかタイ・ハマチの養殖漁業や宇和海での近海漁業が盛ん。深浦港はカツオ一本釣りの基地。電機・プラスチックなどの工場が進出。由良岬(ゆらのはな)など変化に富んだリアス式の海岸線は、足摺(あしずり)宇和海国立公園に指定。野生のサルや鹿が生息する鹿島周辺は海食洞とサンゴ・熱帯魚がみられる海中公園で有名。外泊地区には防風のための石垣のある伝統的な民家が見られ、県により石垣の里に指定されている。四国八十八ヶ所霊場第40番札所の観自在(かんじざい)寺(真言宗)がある。篠山(ささやま)は古来霊山として信仰され、登山客でにぎわう。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛媛県南宇和郡愛南町の関連情報