愛媛県四国中央市(読み)しこくちゅうおう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕四国中央〈市〉(しこくちゅうおう〈し〉)


愛媛県東部の市。
北は瀬戸内海燧灘(ひうちなだ)に面し、東部・南部で四国の他の3県と接する。2004年(平成16)、川之江市と伊予三島市、宇摩(うま)郡の新宮村、土居町が合併して成立。この合併により、宇摩郡は消滅。江戸時代には讃岐(さぬき)(香川県)・土佐(とさ)(高知県)・阿波(あわ)(徳島県)の3国を結ぶ陸海交通の要衝として繁栄。現在でも4つの県に通じるエックスハイウエーの中心。江戸時代から伝統的に製紙業が盛んで、大王製紙を筆頭に多数の製紙業者の本社や工場が置かれている。第二次大戦後、西日本最大の近代製紙工業地帯に発展。養豚・養鶏も盛んで、サトイモ・茶が特産。山間部では林業も行われる。四国八十八ヶ所霊場第65番札所三角(さんかく)寺(真言宗)がある。春先から初夏にかけて、フェーン現象を伴うやまじ風が吹き下ろすことで知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛媛県四国中央市の関連情報