コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛媛県四国中央市 しこくちゅうおう〈し〉

1件 の用語解説(愛媛県四国中央市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕四国中央〈市〉(しこくちゅうおう〈し〉)


愛媛県東部の市。
北は瀬戸内海の燧灘(ひうちなだ)に面し、東部・南部で四国の他の3県と接する。2004年(平成16)、川之江市と伊予三島市、宇摩(うま)郡の新宮村、土居町が合併して成立。この合併により、宇摩郡は消滅。江戸時代には讃岐(さぬき)(香川県)・土佐(とさ)(高知県)・阿波(あわ)(徳島県)の3国を結ぶ陸海交通の要衝として繁栄。現在でも4つの県に通じるエックスハイウエーの中心。江戸時代から伝統的に製紙業が盛んで、大王製紙を筆頭に多数の製紙業者の本社や工場が置かれている。第二次大戦後、西日本最大の近代製紙工業地帯に発展。養豚・養鶏も盛んで、サトイモ・茶が特産。山間部では林業も行われる。四国八十八ヶ所霊場第65番札所三角(さんかく)寺(真言宗)がある。春先から初夏にかけて、フェーン現象を伴うやまじ風が吹き下ろすことで知られる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛媛県四国中央市の関連キーワード岩城島牛窓四国地方瀬戸内海瀬戸内海国立公園瀬戸内新居浜王子が岳瀬戸内法今治[市]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛媛県四国中央市の関連情報