コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛媛県大洲市 おおず〈し〉

1件 の用語解説(愛媛県大洲市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕大洲〈市〉(おおず〈し〉)


愛媛県中西部にある市。
肱(ひじ)川中・下流域の大洲盆地に位置し、伊予灘に面する。沖合いに浮かぶ青島も市域に含む。2005年(平成17)、旧・大洲市と喜多(きた)郡の長浜町、肱川町、河辺村が合併して現在の姿となる。中心地区の旧・大洲市は、大洲城の城下町、肱川の渡津(としん)集落として発展。江戸時代から続く大洲和紙は国の伝統的工芸品に指定。明治期には養蚕・生糸産業で栄えた。長浜地区は伊予灘の漁業基地。電機・木材・窯業などの工場などが進出。山間ではシイタケ・クリ・タケノコなどを産する。肱川は鵜飼い漁で知られる。陽明学の中江藤樹(なかえとうじゅ)邸址など史跡も多い。出石(いずし)山山頂にある金山出石(きんざんしゅっせき)寺(真言宗)一帯は、瀬戸内海国立公園に属する景勝地。小薮(おやぶ)渓谷に小薮温泉が湧く。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛媛県大洲市の関連キーワード剣山伊予熊本宍粟西予肘・肱・臂中山川牧之原愛媛県武道館大洲[市]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛媛県大洲市の関連情報