コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛媛県大洲市 おおず〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕大洲〈市〉(おおず〈し〉)


愛媛県中西部にある市。
肱(ひじ)川中・下流域の大洲盆地に位置し、伊予灘に面する。沖合いに浮かぶ青島も市域に含む。2005年(平成17)、旧・大洲市と喜多(きた)郡の長浜町、肱川町、河辺村が合併して現在の姿となる。中心地区の旧・大洲市は、大洲城の城下町、肱川の渡津(としん)集落として発展。江戸時代から続く大洲和紙は国の伝統的工芸品に指定。明治期には養蚕・生糸産業で栄えた。長浜地区は伊予灘の漁業基地。電機・木材・窯業などの工場などが進出。山間ではシイタケ・クリ・タケノコなどを産する。肱川は鵜飼い漁で知られる。陽明学の中江藤樹(なかえとうじゅ)邸址など史跡も多い。出石(いずし)山山頂にある金山出石(きんざんしゅっせき)寺(真言宗)一帯は、瀬戸内海国立公園に属する景勝地。小薮(おやぶ)渓谷に小薮温泉が湧く。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛媛県大洲市の関連情報