愛媛県宇和島市(読み)うわじま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕宇和島〈市〉(うわじま〈し〉)


愛媛県南西部の市。
須賀(すか)川河口部に位置し、宇和海に面する。宇和海に浮かぶ九島(くしま)、日振島(ひぶりじま)などの離島も市域に含む。2005年(平成17)、旧・宇和島市と北宇和(きたうわ)郡の吉田町、三間町、津島町が合併して現在の姿となる。南予(なんよ)地方の政治・経済・文化・交通の中心地。近世初期までは板島とよばれた。江戸時代初期、伊達秀宗(だてひでむね)が入国後、現名称に改称。以後、伊達氏宇和島藩の城下町として発展。上方への廻船業で栄えた。かまぼこ・ちくわなどの水産加工業、造船業、木工業がある。リアス式海岸での真珠養殖のほか、ハマチ・ノリなどの養殖漁業も行われる。農業ではミカン栽培と稲作・畜産・林業が盛ん。宇和島城(国指定史跡)の天守は国指定重要文化財。夏祭りで知られる和霊(われい)神社のほか史跡も多い。1トンもの巨体をぶつけて牛同士が力比べをする闘牛も有名で、観光客に人気。津島町の北灘(きたなだ)湾奥に、四国最大級の池泉回遊式日本庭園南楽園がある。四国八十八ヶ所霊場第41番札所龍光寺(真言宗)・第42番札所仏木(ぶつもく)寺(真言宗)がある。三浦半島の遊子(ゆす)水荷浦(みずがうら)の段畑は国の重要文化的景観に選定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛媛県宇和島市の関連情報