コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛媛県東温市 とうおん〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕東温〈市〉(とうおん〈し〉)


愛媛県中部にある市。
松山平野東端、重信(しげのぶ)川流域に位置する。松山市に隣接し、ベッドタウンになっている。2004年(平成16)、温泉(おんせん)郡の重信町、川内町が合併して成立。南方(みなみがた)は江戸時代には金毘羅街道の宿場町。米・麦作のほかに、ユリなどの花卉(かき)栽培が盛んで、県農林水産研究所の花き研究指導室がある。南部の黒森峠近くに白猪(しらい)の滝・唐岬(からかい)の滝がある。国内最大級の屋内スキー場アクロス重信、ミュージカル劇場 坊っちゃん劇場がある。北吉井のビャクシンは国指定天然記念物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

愛媛県東温市の関連キーワード東温市立歴史民俗資料館愛媛県東温市則之内乙愛媛県東温市則之内丙愛媛県東温市則之内甲高畠華宵大正ロマン館愛媛県東温市北野田愛媛県東温市南野田愛媛県東温市則之内愛媛県東温市河之内愛媛県東温市見奈良愛媛県東温市志津川愛媛県東温市松瀬川愛媛県東温市山之内愛媛県東温市横河原愛媛県東温市西岡愛媛県東温市北方愛媛県東温市南方愛媛県東温市滑川愛媛県東温市上林愛媛県東温市田窪

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛媛県東温市の関連情報