愛媛県東温市(読み)とうおん〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕東温〈市〉(とうおん〈し〉)


愛媛県中部にある市。
松山平野東端、重信(しげのぶ)川流域に位置する。松山市に隣接し、ベッドタウンになっている。2004年(平成16)、温泉(おんせん)郡の重信町、川内町が合併して成立。南方(みなみがた)は江戸時代には金毘羅街道の宿場町。米・麦作のほかに、ユリなどの花卉(かき)栽培が盛んで、県農林水産研究所の花き研究指導室がある。南部の黒森峠近くに白猪(しらい)の滝・唐岬(からかい)の滝がある。国内最大級の屋内スキー場アクロス重信、ミュージカル劇場 坊っちゃん劇場がある。北吉井のビャクシンは国指定天然記念物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛媛県東温市の関連情報