コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛媛県松山市 まつやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕松山〈市〉(まつやま〈し〉)


愛媛県中部の市。
松山平野に位置し、伊予灘・斎(いつき)灘で瀬戸内海に面する。瀬戸内海に浮かぶ忽那(くつな)諸島も市域とする。同県の県庁所在地で、県の行政・経済・文化の中心。2000年(平成12)より中核市。2005年(平成17)、北条市と温泉(おんせん)郡の中島町を編入して現在の姿となる。この合併により、温泉郡は消滅。JR予讃線、伊予鉄道高浜線などが通じ、松山自動車道のインターチェンジがある。重要港湾の松山港や松山空港がある。近世初頭、加藤嘉明(かとうよしあき)が勝山に松山城を築城。以後蒲生(がもう)氏、松平氏と領主が変わったが、武家屋敷・商人町を分けた機能的な城下町が発展。とくに豪商は松山藩の庇護のもとで自由な商業活動を行った。臨海工業地帯には石油・化学・機械などの大工場が集中する。紡績・縫製、地場産業の瓦製造の工場も操業。ミカン・イヨカンなどの果樹栽培が盛ん。色彩豊かな伊予絣(いよがすり)が特産品。沿岸には漁港が多く、タコやイワシ水揚げする。国立愛媛大学聖カタリナ大学などがある。
道後(どうご)温泉は西日本有数の大温泉郷で、日本最古の温泉の一つ。正岡子規(まさおかしき)・高浜虚子(たかはまきょし)ほか松山が輩出した文人の句碑が多い。夏目漱石(なつめそうせき)の小説『坊っちゃん』で知られる。四国八十八ヶ所礼状札所が第51番石手(いして)寺(真言宗)(山門は国宝に指定)をはじめ8ヶ所点在する。城山公園の松山城跡は国指定史跡市街地坊っちゃん列車が走行する。忽那諸島の島々は、瀬戸内海国立公園を代表する景勝地。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛媛県松山市の関連情報