コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛媛県西宇和郡伊方町 いかた〈ちょう〉

1件 の用語解説(愛媛県西宇和郡伊方町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕伊方〈町〉(いかた〈ちょう〉)


愛媛県西端にある町。佐田岬(さだみさき)半島に位置する。西宇和(にしうわ)郡
2005年(平成17)、西宇和郡の旧・伊方町、瀬戸町、三崎町が合併して現在の姿となる。伊予灘に面する北部の海沿いにはリアス式の海岸線が発達、宇和海に臨む南部には砂浜の海岸線が続き海水浴場が点在する。ナツミカン温州ミカンなどの柑橘(かんきつ)類栽培のほか、イセエビ・タイ・アワビなどの沿岸漁業が盛ん。古くから酒造り職人の伊方杜氏(いかたとうじ)の町として名高い。三崎港には大分県佐賀関(さがのせき)港からフェリーが通う。四国最西端の佐田岬一帯は瀬戸内海国立公園に属する景勝地。四国電力伊方原子力発電所がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛媛県西宇和郡伊方町の関連情報