愛媛県西条市(読み)さいじょう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕西条〈市〉(さいじょう〈し〉)


愛媛県北東部の市。
燧灘(ひうちなだ)南西部に面し、南部は高知県と接する。2004年(平成16)、旧・西条市と東予市、周桑(しゅうそう)郡の小松町、丹原町が合併して現在の姿となる。この合併により、周桑郡は消滅。旧・西条市は江戸時代は西条藩の陣屋町として繁栄、陣屋跡が残る。壬生(にゅう)川は松山藩の米の積み出し港として栄えた。名水に恵まれ、うちぬきとよばれる自噴井が多い。酒造業・製紙業のほか、電機・化学・捺染(なつせん)工場などが進出。旧・東予市は、1964年(昭和39)に東予新産業都市区域の指定を受け、臨海埋立地の大規模工業団地を中心に機械・金属などの工場を集積。火力発電所も操業。西条の半導体・鉄鋼・造船などの工場とあわせて、四国を代表する大工業地帯を形成。沿岸部ではノリの養殖が盛んで、稲作のほかミカン・ホウレンソウなどを栽培する。バラの出荷量は日本有数。愛宕柿を特産。国安は手すき和紙の産地として知られる。
秋の西条まつりのだんじりは観光客を集める。湯之谷温泉・本谷温泉が湧く。クマザサに覆われた氷見二千石原(ひみにせんごくばら)がある。山岳信仰の山として知られる霊山石鎚(いしづち)山一帯は石鎚国定公園に指定。四国八十八ヶ所霊場第60番札所横峰(よこみね)寺(真言宗)・61番札所香園(こうおん)寺(真言宗)・62番札所宝寿(ほうじゅ)寺(真言宗)・63番札所吉祥(きちじょう)寺(真言宗)・64番札所前神(まえがみ)寺(真言宗)がある。保国(ほうこく)寺(臨済宗)庭園は国指定名勝。生きた化石と呼ばれるカブトガニの保護・育成活動を行っている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛媛県西条市の関連情報