コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛媛県越智郡上島町 かみじま〈ちょう〉

1件 の用語解説(愛媛県越智郡上島町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕上島〈町〉(かみじま〈ちょう〉)


愛媛県北東部にある町。越智(おち)郡
弓削(ゆげ)島、生名(いきな)島など、芸予(げいよ)諸島の18の島々からなる。2004年(平成16)、越智郡の魚島村、弓削町、生名村、岩城村が合併して成立。弓削島と佐島(さしま)は弓削大橋で結ばれている。タイ・イカなどの沿岸漁業・ノリ養殖とレモン・ハッサクなどの柑橘(かんきつ)類栽培が盛ん。一帯は瀬戸内海国立公園に属する。広島県尾道市因島に海上で接し、造船所への通勤者が多い。生名北部の立石山に、旧石器時代弥生時代の遺跡がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛媛県越智郡上島町の関連キーワード愛媛県武道館大西[町]宮窪[町]弓削[町]吉海[町]越智健三越智直越智貞原朝倉[村]魚島[村]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛媛県越智郡上島町の関連情報