愛宕山(読み)あたごやま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛宕山(東京都)
あたごやま

東京都港区北東部にある山手(やまのて)台地末端の丘。標高26メートル。芝公園の北にあたる。1603年(慶長8)開山の愛宕権現(ごんげん)(愛宕神社)が祀(まつ)られてから地名が生まれた。神社へは男坂、女坂の二つがあり、男坂は1634年(寛永11)曲垣平九郎(まがきへいくろう)が86段の石段を上下した馬術で知られる。山上は1925年(大正14)日本最初のラジオ本放送がなされた所で、現在はNHK放送博物館となっている。東京メトロ日比谷(ひびや)線神谷町(かみやちょう)駅下車、徒歩約10分。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛宕山の関連情報