コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛智荘(依智荘) えちのしょう

1件 の用語解説(愛智荘(依智荘)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えちのしょう【愛智荘(依智荘)】

近江国愛智郡(現,滋賀県愛知郡)の荘園。郡名がそのまま荘名となっているため,同名の荘園が多い。(1)弘福寺領。愛智郡荘ともいわれる。9世紀ごろ存在が知られるのみで詳細は不明。(2)元興寺領(現,愛知川町,湖東町付近)。753‐754年(天平勝宝5‐6)に聖武天皇が先帝の施入物で百姓の墾田を買得して成立したと伝えられる〈本願荘〉60余町と9世紀以後の買得田とからなる。検田使僧延保が約10年間現地に臨み,荘田の衰退を回復するために奮闘した記録である859年(貞観1)の検田帳が伝わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

愛智荘(依智荘)の関連キーワード愛知医科大学長久手安宝今井兼寛依知秦秋男依知秦浄男依知秦長吉調新麻呂豊満春洞吉身三田次

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone