愛智荘(依智荘)(読み)えちのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

えちのしょう【愛智荘(依智荘)】

近江国愛智郡(,滋賀県愛知郡)の荘園。郡名がそのまま荘名となっているため,同名の荘園が多い。(1)弘福寺領。愛智郡荘ともいわれる。9世紀ごろ存在が知られるのみで詳細は不明。(2)元興寺領(現,愛知川町,湖東町付近)。753‐754年(天平勝宝5‐6)に聖武天皇が先帝の施入物で百姓墾田を買得して成立したと伝えられる〈本願荘〉60余町と9世紀以後の買得田とからなる。検田使僧延保が約10年間現地に臨み,荘田の衰退を回復するために奮闘した記録である859年(貞観1)の検田帳が伝わっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android