愛知万博1市町村1国フレンドシップ事業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

愛知万博1市町村1国フレンドシップ事業

名古屋市を除き、86市町村(当時)が公式参加国120カ国を分担。会期中、国ごとに「ナショナルデー」が設けられ、政府関係者が式典に出席し、受け持ちの市町村を訪問した。県は万博の剰余金のうち10億円を「フレンドシップ継承交付金」とし、2012年までの5年間の予定で各市町村に分配している。

(2008-02-27 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android