愛知県あま市(読み)あま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕あま〈市〉(あま〈し〉)


愛知県西部、濃尾平野に位置する市。
2010年(平成22)3月、海部(あま)郡の七宝町、美和町、甚目寺町が合併して成立。肥沃な地質で近郊農業を中心に発達したが、近年は隣接する名古屋市のベッドタウン化が進む。自動車部品・電機工場などが操業。旧・七宝町は七宝製造で知られる。蜂須賀正勝(はちすかまさかつ)・福島正則(ふくしままさのり)をはじめ、7人の大名の出生地。甚目寺(甚目寺観音)(南大門、三重塔はどは国指定の重要文化財)、蓮花寺(蜂須賀蓮花寺)、萱津(かやづ)神社がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県あま市の関連情報