コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知県の公立高入試複合選抜制度

1件 の用語解説(愛知県の公立高入試複合選抜制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

愛知県の公立高入試複合選抜制度

愛知県独自の公立高校の入試制度。県内の公立高(全日制普通科)は12~22校ずつ八つのグループに分けられ、生徒はA、Bの両グループからそれぞれ第1志望、第2志望の計2校を受験することができる。両グループの学力試験は日程をずらして実施。受験生の学力試験の成績に内申点などを加え、合否が決まる。

(2012-05-29 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛知県の公立高入試複合選抜制度の関連キーワード高校標準法県内の養蚕教育公立高校入試県立高校の共学化公立高校の授業料無償化と私立高校生への助成県立高校の学区廃止高校無償化制度緊急学校支援員就学支援金と県の補助制度総合選抜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone