愛知県一宮市(読み)いちのみや〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕一宮〈市〉(いちのみや〈し〉)


愛知県北西部、岐阜県との県境にある市。
濃尾(のうび)平野のほぼ中央に位置し、市域の北部から西部にかけて木曾川が流れる。2002年(平成14)4月より特例市。2005年4月、尾西(びさい)市と葉栗(はぐり)郡木曽川町を編入合併して現在の姿となる。この合併により、葉栗郡は消滅。東海北陸自動車道と東名高速道路・名神高速道路がつながる一宮ジャンクションを有する。旧・一宮市は尾張国(愛知県西部)の一の宮である真清田(ますみだ)神社の門前町として繁栄。旧・尾西市は江戸時代には美濃街道の宿場町、木曾川の渡し場として栄えた。旧・木曽川町は鎌倉街道の宿場町。明治期に綿織物から毛織物生産に転じ、尾西毛織物工業地帯の中心都市として発展。織物工場ほか、卸売業や縫製・染色工場など関連企業が多い。電機・機械・プラスチック・窯業などの工場も操業。織物感謝祭である一宮七夕祭は日本三大七夕祭の一つとされ、全国的に有名。江南(こうなん)市に続く木曾川堤(サクラ)は国の名勝かつ天然記念物。国営木曽三川公園内に、高さ138メートルの大展望タワー、ツインアーチ138(いちさんはち)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県一宮市の関連情報