コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知県刈谷市 かりや〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕刈谷〈市〉(かりや〈し〉)


愛知県中部の市。
境川下流の東岸に位置する。江戸時代から明治期まで水野忠政(みずのただまさ)が開いた亀()城の城下町として発展。大正期に豊田紡織が進出、以後トヨタ系工場が集中し、近代工業が発達。自動車関連工場のほか機械・電機工場が操業。小堤西池のカキツバタ群落は国の天然記念物に指定。伊勢湾岸自動車道にある刈谷ハイウェイオアシスには、観覧車や温泉施設がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

愛知県刈谷市の関連キーワードフローラルガーデンよさみ愛知県刈谷市高津波町愛知県刈谷市上重原町愛知県刈谷市下重原町愛知県刈谷市重原本町愛知県刈谷市一里山町愛知県刈谷市新富町愛知県刈谷市神明町愛知県刈谷市新田町愛知県刈谷市昭和町愛知県刈谷市松栄町愛知県刈谷市末広町愛知県刈谷市新栄町愛知県刈谷市神田町愛知県刈谷市泉田町愛知県刈谷市板倉町愛知県刈谷市一番町愛知県刈谷市稲場町愛知県刈谷市一色町愛知県刈谷市池田町

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県刈谷市の関連情報