コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知県北名古屋市(読み)きたなごや〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕北名古屋〈市〉(きたなごや〈し〉)


愛知県北西部、濃尾平野のほぼ中央、名古屋市の北に位置する市。
五条川、新川などの河川が流れる。2006年(平成18)3月、西春日井(にしかすがい)郡の師勝(しかつ)町と西春町が合併して成立。温暖な気候を利用した農業が盛んな野菜産地であったが、名鉄犬山線で名古屋市と結ばれ、交通の便がよいことから、同市のベッドタウンとして発展、都市化・宅地化が進む。自動車部品・機械・食品・繊維などの工場が操業。残存農地ではネギ・イチジクなどを中心に近郊農業が行われる。高田(こうでん)寺の本堂は国の重要文化財

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県北名古屋市の関連情報