愛知県北設楽郡豊根村(読み)とよね〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕豊根〈村〉(とよね〈むら〉)


愛知県東北部、長野県・静岡県との県境に位置する村。北設楽(きたしたら)郡
2005年(平成17)11月、同郡富山村を編入合併して現在の姿となる。村域の約9割を山林が占める。愛知県最高峰の茶臼山をはじめとする1000メートル級の山々が連なり、天竜川大入川などの河川が流れる。林業に加え、シイタケ・茶・ブルーベリーの生産を行い、栃もちを特産する。天竜川には佐久間ダム佐久間湖)があり、大入川には新豊根ダム(みどり湖)があり、首都圏や中京圏へ電力を供給している。茶臼山高原と佐久間湖一帯は天竜奥三河国定公園に属する行楽地。古真立(こまだて)地区は奥三河地方の郷土芸能、花祭(国の重要無形民俗文化財に指定)の発祥地として知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android