コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知県名古屋市(読み)なごや〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕名古屋〈市〉(なごや〈し〉)


愛知県西部、濃尾平野南東部の伊勢湾湾奥に位置する市。
同県の県庁所在地で、県および中部地方の行政・産業・文化・交通の中心。東京と京都の間に位置することから中京ともよばれる。1956年(昭和31)より政令指定都市。千種(ちくさ)・東・北・西・中村・中(なか)・昭和・瑞穂・熱田・中川・港・南・守山・緑・名東・天白(てんぱく)の16行政区がある。江戸時代初期に徳川家康(とくがわいえやす)の命で名古屋城と城下町が建設され、明治維新まで徳川御三家の一つ、尾張藩の城下町として繁栄。熱田地区は熱田神宮の門前町で、東海道五十三次の宮宿(みやのしゅく)がおかれた。名古屋港周辺の臨海部は輸送用機器・鉄鋼・石油などの重化学工業地帯。内陸部では繊維・陶器などの軽工業や地場産業も盛ん。名古屋港は国内屈指の国際貿易港で、卸売業の商圏は中部地方の大半に及ぶ。
金の鯱(しゃちほこ)で知られる名古屋城跡は国の特別史跡で、天守閣に多数の重要文化財を展示する。中区の栄地区は市内一の繁華街。東海道新幹線をはじめ、JR・名鉄(めいてつ)・近鉄各線が通じる鉄道の要衝。市内には東山線、名城線、名港線などの地下鉄が走る。熱田神宮は多くの国宝や重要文化財を収蔵。ナゴヤドームはプロ野球チーム中日ドラゴンズの本拠地。アメリカのボストン美術館の姉妹館である名古屋ボストン美術館がある。徳川家につたわる数々の品を展示する徳川美術館には、国宝の「源氏物語絵巻」がある。信長・秀吉・家康の三人の天下人ゆかりの土地であることから、毎年秋の名古屋まつりでは三英傑の行列が市内を巡行する大規模なイベントが行われる。
熱田区
北区
昭和区
千種区
天白区
中区
中川区
中村区
西区
東区
瑞穂区
緑区
港区
南区
名東区
守山区

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県名古屋市の関連情報