愛知県愛西市(読み)あいさい〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕愛西〈市〉(あいさい〈し〉)


愛知県の西端、濃尾平野の南部に位置し、岐阜県および三重県との県境に接する市。
2005年(平成17)4月、海部(あま)郡の佐屋町、立田村、佐織町、八開村の2町2村が合併して成立。岐阜・三重両県との県境に長良川が流れる。海抜が低く古くから木曾川の氾濫に悩まされた輪中(わじゅう)地帯として知られる。佐屋町地区は江戸時代には東海道の脇街道佐屋海道の宿場町・港町。稲作のほか、レンコン・トマト・ダイコンやハナショウブ・ポットマムなどの花卉(かき)栽培が盛んで、畜産も行われる。金属・機械・毛織物の工場がある。旧・佐織町は佐織縞(さおりじま)の発祥地として知られる。国の重要文化財、船頭平閘門(せんどうひらこうもん)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県愛西市の関連情報