コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知県愛西市 あいさい〈し〉

1件 の用語解説(愛知県愛西市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕愛西〈市〉(あいさい〈し〉)


愛知県の西端、濃尾平野の南部に位置し、岐阜県および三重県との県境に接する市。
2005年(平成17)4月、海部(あま)郡の佐屋町、立田村、佐織町、八開村の2町2村が合併して成立。岐阜・三重両県との県境に長良川が流れる。海抜が低く古くから木曾川の氾濫に悩まされた輪中(わじゅう)地帯として知られる。佐屋町地区は江戸時代には東海道の脇街道佐屋海道の宿場町・港町。稲作のほか、レンコン・トマト・ダイコンやハナショウブ・ポットマムなどの花卉(かき)栽培が盛んで、畜産も行われる。金属・機械・毛織物の工場がある。旧・佐織町は佐織縞(さおりじま)の発祥地として知られる。国の重要文化財、船頭平閘門(せんどうひらこうもん)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛知県愛西市の関連情報