愛知県津島市(読み)つしま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕津島〈市〉(つしま〈し〉)


愛知県西部の市。
濃尾(のうび)平野西部に位置する。江戸時代に佐織縞(さおりじま)・白木綿生産で発展。明治期以降、綿織物から毛織物に転換して発展。同市を中心に尾西(びさい)毛織物工業地帯を形成。園芸農業も盛ん。津島神社の尾張津島天王祭の車楽舟(だんじりぶね)行事は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県津島市の関連情報