愛知県津島市(読み)つしま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕津島〈市〉(つしま〈し〉)


愛知県西部の市。
濃尾(のうび)平野西部に位置する。江戸時代に佐織縞(さおりじま)・白木綿生産で発展。明治期以降、綿織物から毛織物に転換して発展。同市を中心に尾西(びさい)毛織物工業地帯を形成。園芸農業も盛ん。津島神社の尾張津島天王祭の車楽舟(だんじりぶね)行事は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県津島市の関連情報