コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知県瀬戸市 せと〈し〉

1件 の用語解説(愛知県瀬戸市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕瀬戸〈市〉(せと〈し〉)


愛知県北部に位置する市。
瀬戸川流域に面する。「瀬戸物」で知られる陶磁器の町。陶器は鎌倉時代加藤四郎左衛門景正藤四郎)が創始者といわれ、磁器は江戸時代加藤民吉が肥前・有田の技法を導入。明治期以降、玩具・置物・和洋食器・電磁器具などを中心に近代的窯業都市として発展した。瀬戸染付焼は国の伝統的工芸品に指定。9月のせともの祭が有名。源敬公(徳川義直)廟(げんけいこうとくがわよしなおびょう)・定光(じょうこう)寺の本堂はいずれも国の重要文化財に指定されている。東部に岩屋堂温泉が湧く。小長曾陶器窯跡は国の史跡に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛知県瀬戸市の関連情報