愛知県犬山市(読み)いぬやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕犬山〈市〉(いぬやま〈し〉)


愛知県北西部にある市。
木曾川中流南岸に位置する。犬山城の城下町として発展。明治期は養蚕業で栄えた。第二次世界大戦後、繊維・食品・金属・機械工場などが進出。県内有数の観光地であり、1987年(昭和62)には国際観光モデル地区に、1988年には国際交流のまち推進プロジェクト実施市に指定されている。国宝の犬山城や、明治村、日本モンキーセンターなどが有名。市の北側を流れる木曾川の渓谷は日本ラインと呼ばれ、一帯では鵜飼が行われている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県犬山市の関連情報